子どもの視力を守るのは親の仕事です

目が発達するのは生後1年になります。

ですが、子供の目の発達はその後も続きます。

幼児期には眼筋が強化され、神経接続も増えていくからです。

親は、視覚的な刺激をたっぷりと子どもに与えれば、このプロセスを促すことができます。

どうすれば子どもの視力を守れるのでしょうか?

あなたもこんな疑問お持ちではないでしょうか?

子供の視力が悪くなることを考えると、心が痛いですよね。

お子さまが小さければ余計に、小さなうちにメガネをかけさせたくないのが

親御さんの声でしょう。

お子さまの視力を守る秘訣は、何よりもまず専門家による定期的な眼科検診です。

視力が弱いと、学習能力や運動のパフォーマンスから、自己評価にまで悪い影響を及ぼすので、眼科検診は大切なことです。

目の状態をそのままにしておくと、さらに悪化し、もっと深刻な問題を引き起こしかねません。

まずは、目に病気が起きないことが第一で、次に近視の数値を把握することをお勧めします。

現在、あなたのお子さまの視力は幾つですか?というう質問にあなたはお答えできますか?

親御さんは、お子さまの見え方は分りません。お子さまは当然、他の人の見え方が分りませんから、自分の見え方が正しいと疑いもしません。

結果、学校での健康診断や視力検査で視力低下が発覚します。

しかし、この視力検査は1年に1回だけです。

1年間で、近視はかなり進むことは可能です。

お子さまは、成長とともに近視の進行は早いです。

ですので、お子さまの数値をしっかり把握しましょう。

できれば屈折同数を知っておくとより進行度合いが分ります。

子どもの目の発達を助けるには

お子さんと一緒にできる運動やゲームはたくさんあります。

お子さまの視機能向上は脳の発達も向上します。

ゲーム感覚で脳力を向上しましょう。

  • 「I Spy with my little eye」ゲーム(「この部屋の中にある丸くて青いもの」などのヒントを出してそれを探す遊び)
  • 積み木遊び
  • LEGOなどのおもちゃを使った組み立て遊び
  • クレヨンやマーカーなどの塗り絵
  • パズル
  • ボールやお手玉を使ったキャッチボール
  • 本を読み聞かせながら、ページの絵をよく見て、それが何なのかを当てる遊び
  • ・ビジョントレーニング

親は、子どもの視覚の発達を助けながら、身体全体や認識力の発達も目指すことになります。

運動の協調、読解力、単語と対象物の関連付けは、どの子どもにとっても大切な機能ですし、視覚はそのすべてに影響を及ぼします。

どのような食品が子どもの目に良いでしょうか?

子供の視力はバランスのとれた食事が大きく貢献します。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれている食事は、目の健全な発達を助けます。

好き嫌いをすることで、肝心な成分が体内で作られないと視力は一気に低下します。

目の安全について

お子さまの多くの事故は家の中で起こります。

ですが、家の外に出たからといって、目の安全に配慮しなくてもいいわけではありません。お子さまの目の安全は常に大切です。

目の怪我がどれくらい深刻かは判断が難しいので、お子さんが目を怪我した場合は、専門の医療機関ですぐに診てもらってください。

子どもの目の怪我の原因はどのようなものが多いのですか?

家の中、公園、車内で子どもの安全を確保するためにあらゆる手段を講じても、事故は必ず起こるものです。

年間数千人の子どもが目の怪我で緊急救命センターや病院に担ぎ込まれています。

目の怪我の原因はそれほど多くありません。

目の安全について子供に教えるにはどうすればよいでしょうか?

子どもは大人の真似をしながら学習します。

安全に遊び、作業する動作を見せながら、お子さんが健康な生活を送れるように手伝ってください。

  • 化学薬品などの危険物を扱う場合には、安全ゴーグルを着用しましょう。
  • 晴天下の明るい日差しや雪の反射から目を守るために、帽子やサングラスを着用しましょう。特にUVには気をつけましょう。
  • ラケットボール、バスケットボール、テニス、サッカーなどのスポーツでは親がゴーグルを付け、子どもにも同じようにするよう教えましょう
  • 手をまめに洗い、眼や鼻に手が触れないようにして、風邪やウイルスの感染を避けましょう。

 

お子さまの視力を守れるのはあなたしかいません。

あなたは、お子さまに小さなうちにメガネをかけさせたいですか?

視力回復には早期対策!

その目に定期的な眼科検診を推奨します。

歯の定期検診と同様、目にも的検診をしましょう。

Follow me!

視力低下を防ぐためのトレーニング【電子書籍無料プレゼント】

今なら無料で電子書籍が手に入ります。

あなたの視力やお子さまの視力が今より良くなるなら、あなたはどうですか?

・何もしないで、メガネを作って毎年メガネを購入したいですか?

・それとも、今より悪くならないようにして、さらに今より視力を良くしたいですか?

この電子書籍であなたが得られるメリットは
正しい目の使い方です。

期間限定2大プレゼント「視力回復トレーニングマニュアル」&「最新視力回復トレーニング無料メール講座」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です