目の機能が低下していませんか?

あいのて 浜松の目と脳のトレーニング教室です。

近年、スマホ・タブレットやパソコンが普及したことで

お子さまたちの視機能が弱くなってきています。

どんどん低下する視力

早期発見・早期対策が近視の進行を予防する

風邪や虫歯には早期対策をしているのに、目には早期対策しないのはなぜ?

と思いませんか?

風邪ですとせきやくしゃみ、寒気を感じたら薬やあたたかいかっこをしますよね、

虫歯ですと、歯医者に定期検診や、歯磨きをして虫歯にならないように早期対策をします。

けど、目に関しては早期対策していないのが現状ではないでしょうか?

ゲームやパソコンを長時間したり、姿勢が悪かったり、暗いところで本を読んだりと

目にとって、悪いことばかりしてもついついみなさんやりがちです。

目が悪くなっても発見できない理由

風邪や虫歯には兆候があります。

風邪ならば寒気

虫歯なら痛み

では、眼では?

目が痛くなったり、寒気が起きることはありません

目は見にくくなってくるのが兆候じゃないの?と思われるかもしれません

しかし、見にくくなってからでは、近視の進行はかなり進んできている証拠です。

目が悪くなっても、痛みはなく本人は日常生活に支障がないので、気がつきません。お子さまならばなおさら、親御さんはお子さまの見え方なんかわからないし

見えているものだと思います。お子さまの今の見え方が、当たり前だと感じているから、余計に視力低下の発覚が遅れ流のです。

視力低下の発覚

視力低下の発覚はお子さまなら、学校の視力検査

大人ならば、健康診断でしょう。

そこで、A以下ならば即行動です。

一番とってはならい行動が、【様子見】になります

眼科さんに行けば、「メガネをかけましょう」

「様子を見ましょう」の言葉です。

Follow me!

視力低下を防ぐためのトレーニング【電子書籍無料プレゼント】

今なら無料で電子書籍が手に入ります。

あなたの視力やお子さまの視力が今より良くなるなら、あなたはどうですか?

・何もしないで、メガネを作って毎年メガネを購入したいですか?

・それとも、今より悪くならないようにして、さらに今より視力を良くしたいですか?

この電子書籍であなたが得られるメリットは
正しい目の使い方です。

期間限定2大プレゼント「視力回復トレーニングマニュアル」&「最新視力回復トレーニング無料メール講座」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です