お子さまの視力がどんどん低下していく

 

動画内容は同じですので、音声を聞けば本文は読む必要はありません。
(youtube動画は倍速で聴くことができます。
動画の右下の歯車マークの設定の速度から倍速にできます。
速聴は脳に刺激を与えますので、動画聞くなら能力アップも同時にしましょう。)
※5歳以下のお子さまの速聴は、オススメしません。必ず6歳以上の人がするようにしてください。


{お子様の視力がどんどん低下していく}

眼と脳のトレーニング教室あいのてGo kusabaがお送りいたします

この春の時期になるとお子様の視力がどんどん低下していくという

問い合わせが多くなります。

 

お子様の近視の視力低下の進行は

必ずと言っていいほど早期発見と早期対策が絶対になります

 

お子さまがの視力が低下しているのに気がつかない

親御様というのは、非常に多いのですが

いったいなぜ気が付かないのか、お話ししていきたいとおもいます

 

なぜ視力低下の発見が遅れるのか

 

気がつかない理由は、お子さまが視力が0.5や0.6であれば日常生活に支障がないからです。

 

当然、視力が低下しても子供は困ってないので

お母様やお父様はお子さまが、見えているものだと思いますよね

 

例えばそれが虫歯であったり

けがであれば血が出たり、痛さが出てきます

 

目に関しては

『痛い』や

『血が出る』ということがないもので

 

視力が低下して

どんどん低下していっても

お父様もお母様は気がつくことがありません。

視力低下に気がつく時

てば実際気がつくときはどういった時が多いかというと

この時期、春休み明け進級した際に健康診断があります

ここで学校の視力検査で B判定や D 判定 C 判定等いただいたときに

気がつくのです。

 

『去年は1.0 のA 判定をもらってたのに

今年になっていきなりC判定!』

こう言ったケースは非常に少なくないです

 

視力低下の早期発見方法とは

 

ではいったいどのようにして対策を取ればいいかについてなのですが

まず第一にお子さまのことをしっかり観察していることが大切になります。

 

お子様の視力が低下してくると、

例えばテレビに近くなった

とか

ゲームをやる際に目を細めているとか

物にぶつかったりする

ことが多くなったりつまずいたりすることが多くなった

そういった時は視力が低下している証拠になります。

 

ではどうすればいいかというともう答えは1つです

定期的な視力測定が重要です

学校の視力測定は年に1回です

この年に1回、1年間しかやらないと、視力がいつ低下したかが分かりません

いつ視力が低下したかを知れば、原因も追求しやすいです。

勉強ばかりしていた、休み明け、友達と喧嘩した、病気になった

様々な原因を知ることができますが、1年に1回だけだと、何が原因で視力が低下したかがわかりません。

ですから、定期的な視力測定は必ずしましょう。

Follow me!

視力低下を防ぐためのトレーニング【電子書籍無料プレゼント】

今なら無料で電子書籍が手に入ります。

あなたの視力やお子さまの視力が今より良くなるなら、あなたはどうですか?

・何もしないで、メガネを作って毎年メガネを購入したいですか?

・それとも、今より悪くならないようにして、さらに今より視力を良くしたいですか?

この電子書籍であなたが得られるメリットは
正しい目の使い方です。

期間限定2大プレゼント「視力回復トレーニングマニュアル」&「最新視力回復トレーニング無料メール講座」