ADHDとして誤診された機能的視力障害とは?

実は過去数十年、ADHDの診断は上昇してきています。特に学童期のお子さまは増加傾向にあります。

アメリカの精神医学会は、この年齢層の子供たちの約11%(640万人)がこれまでにADHDと診断されていると。

子供の割合は、2003年の7.8%から2007年の9.5%、2011年から2012年の11%に増加し続けています。

専門家はまだそれが誤診されている正確な頻度について論争していますが、それが起こっていること自体に疑問の余地はありません。

ADHDと機能性視覚障害について

ADHDの症状はいくつかの障害と非常によく似ていますが、最も一般的な症状の1つに機能性視覚障害があります。

アメリカでは視覚発達の専門検眼士がおり、「学習障害のある子供は、衝動性、多動性、および注意散漫の特定の行動を示します」と述べています。

調節不全(焦点を近くから遠くに変えるのが難しい)は、教室での注意力の低下を引き起こす可能性のある一般的な機能的視覚障害です。

黒板からノートを写している子供は、目が十分な速さで焦点を変えることができないため、簡単に遅れることがあります。

これは混乱、欲求不満、そしてしばしばあきらめることにつながる可能性があります。

その後、彼らの注意は彼らの苦しみを和らげるために他の場所に行きます

彼らの注意がもはや彼らの仕事に向けられていないとき、彼らはそわそわになり、簡単に気が散る可能性があります。

子供の視力の問題を知らない教師は、ADHDによるしつけや注意の問題があると理解できるようにラベルを付けることができます。

注意欠陥と同じ症状を共有する別の視力の問題は、アイチーミングとして知られている正確で協調的な方法で両目を動かすことができない困難であるということです。

目のチーム化の問題、特に収束の不十分さ(目の互いに向き合う能力の低下)は、かすみ目、複視、眼精疲労、頭痛などを引き起こす可能性があります。

アメリカの博士によると、収束が不十分な子供は、障害のない子供よりもADHDと誤診される可能性が3倍高いとのことです。

 

子供が言葉をはっきりと見ることさえできず、普通に見るためだけに多くの努力をしなければならない場合、彼らが読んでいるものを処理する彼らの能力は大幅に低下します。

あなたが読んでいるものを理解し、あなたが読んだものを覚えて、そしてあなたが個々の単語を解読することに大部分の時間を費やしているならそれについての質問に答えようとすることを想像するのは難しいです。

視覚的な不快感と読解力の低さの間で、彼らが読書や学業の仕事を続けることができないのも不思議ではありません。

 

ほとんどすべての機能的視覚障害は、読み取りや書き込みなど、あらゆる種類の近くの作業を長期間完了する能力の低下をもたらします。

視覚的な要求は大きすぎて、学校にいる間、何時間も不快に耐えることができません。

これにより、特に時間制限のあるテストなどのタスクで、時間どおりに課題を完了することが困難になります。

追いつくために、彼らはまた不注意な間違いを犯しがちです。

 

他の機能的視覚障害の症状には、表面上は注意欠陥のように見える行動や習慣として現れます。

読書時の場所の喪失、単語のスキップまたは繰り返し、視覚記憶の低下、読解力の低下、視覚情報の言語化の不能などがあります。

これらのそれぞれは、それらを経験している子供に読書と学習への嫌悪感を生み出す可能性があります。

これは、当然のことながら、多くの場合、自尊心の低下、不安、うつ病につながる可能性があり、成人期まで続く可能性があります。

 

子供の症状が機能的視力障害によるものなのか注意欠陥によるものなのかわからない場合、確実に知る唯一の方法は、発達検眼医による包括的な目の検査を受けることです。

一度調べて、視覚的な問題が特定された場合、視覚療法のプログラムは、障害とその症状の両方を治療するための最善の行動方針です。

 

完了すると、注意の問題も存在するのか、それとも純粋に視覚的な問題であるのかを判断できます。

視力治療は、特に問題が何であるか正確にわからない場合は、問題を解決するためにすぐに薬に頼るよりも、長期的にははるかに健康的で有益な治療オプションです。

Follow me!

視力低下を防ぐためのトレーニング【電子書籍無料プレゼント】

今なら無料で電子書籍が手に入ります。

あなたの視力やお子さまの視力が今より良くなるなら、あなたはどうですか?

・何もしないで、メガネを作って毎年メガネを購入したいですか?

・それとも、今より悪くならないようにして、さらに今より視力を良くしたいですか?

この電子書籍であなたが得られるメリットは
正しい目の使い方です。

期間限定2大プレゼント「視力回復トレーニングマニュアル」&「最新視力回復トレーニング無料メール講座」