視力回復の前に、お子さまの見え方は正しいですか?

お子さまの視力が悪化した理由に、文字が正しく見えてないお子さまも中にはいます。

これは、視力の前に視機能に問題がある場合です。

まずお子さまが、小さいうちに視力が低下しているのには様々な理由があるかもしれません。

一般的な視力検査は遠くをみるちからですが、近年ではスマホやタブレットの普及により

小さいうちから近い距離のものを長時間見て、遠くを見る力がないお子様が増えていますが

それ以外に、近くの距離を正しく見れていないお子さまも多数存在します。

海外で、参考になる動画があるのでお子さまがおしかしてこのように見えているかもしれないか

参考にしてみて下さい。

 

 

このように見えていても、お子さまは親にこのようにみえているとこたえることはありません。

 

何故ならば、お子さまにとってこの見え方が当たり前だからです。

正しく見えて急にこのように見えれば、まっさきに親に「ママ、なんか文字の見え方がおかしい!」

というでしょうが、そもそも正しい見え方を知らなければ本人はどうやって正しいと判断するのでしょうか?

 

ちいさいうちから、お子さまの視力低下が起こっているということは、決して好ましくないことを親しるべきです。

めがねをかければよい!だけでほんとうにすむでしょうか?

動画のような見え方をしていれば、どれだけのストレスがおこさまにかかっているとおもいますか?

何故、今見る力をつけるべきか、学校や親に正しい目の使い方を学んだことがありますか?

 

目と脳は同じと言われています。

目が正しく機能していないということは、もしかして脳の機能も問題を抱えているかもしれません。

Follow me!

視力低下を防ぐためのトレーニング【電子書籍無料プレゼント】

今なら無料で電子書籍が手に入ります。

あなたの視力やお子さまの視力が今より良くなるなら、あなたはどうですか?

・何もしないで、メガネを作って毎年メガネを購入したいですか?

・それとも、今より悪くならないようにして、さらに今より視力を良くしたいですか?

この電子書籍であなたが得られるメリットは
正しい目の使い方です。

期間限定2大プレゼント「視力回復トレーニングマニュアル」&「最新視力回復トレーニング無料メール講座」