子供の自己肯定感を高める方法

Contents

子供の自己肯定感を高める方法って気になりますよね

子供の人生がうまく行くかどうかに、非常に大きな影響を与えるお子様の自己肯定感。

これだけ社会が発展し、ある程度の基盤が出来ていればどんなことにでも挑戦できる環境が整っている現代において、子供の人生を幸せなものにするためには、健全なお子様の自己肯定感が非常に重要です。

このお子様の自己肯定感ですが、低い子供も高い子供もいるでしょう。

今回は、お子様の自己肯定感の高め方について詳しく解説していきます。

ぜひ、健全なお子様の自己肯定感を高め、お子様の人生を幸せにしていきましょう。

そもそも「子供の自己肯定感」の意味とは?

子供の自己肯定感とは、自分自身が自分の事をどのように感じているかということです。ほとんどの人にとって、その存在自体がかけがえのないものであり、お子様の代わりになるような人はいません。

「人と比べてどうだ」というような相対的な評価ではなく、お子さま自身が感じる絶対的で侵すことの出来ない評価を、自己肯定感と言います。

そして、この自己肯定感は、意識することで、高くすることも低くすることも出来るのです。

 

自己肯定感が高い子供に共通する5つの特徴

自己肯定感が高い子供は、非常に目立つ特徴があります。

まずは、この特徴について5つ挙げていきます。

自分は自己肯定感が高いか低いかわからない子供は、比較しながら読見進めてください。

特徴1. お子さまにチャレンジ精神旺盛で失敗を恐れず新しいことへ挑戦できる環境を与えよう

自己肯定感の高い子供は、自分の事をしっかりと評価できています。

そのため、自分が出来ることを土台として、新しいことへのチャレンジに対してフットワークが軽い傾向にあるのです。

お子さまの能力や出来ることを前向きに評価している親だからこそ、新しいことに対するリスクをお子さまがどれだけ負えるのか、そしてその成功率はどのくらいなのかが感覚的に伝わってるといえるでしょう。

特徴2. 上昇志向で常にお子さまを高めようと努力をしている

成功体験を積み重ねさせることで、お子様の自己肯定感を高めることが出来ます。

自己肯定感が高い子供は自分に自信があるため、常に上昇志向を持っています。

どんな時も自分に厳しく、高みを目指しているため、より自己肯定感が上がるというプラスのルーティーンが続いているのです。

特徴3. お子さまの気持ちの切り替えが上手く、ミスをしても引きずらないようにしてあげる

ミスを犯すことは誰にとってもショックですが、お子さまの自己肯定感が高くなると、このミスに対する気持ちの切り替えるがうまくなります。

自分が失敗した、ミスをしたという事実を受け入れていても、健全に自分を肯定できるため、スムーズに前向きにとらえることが出来るのです。

自分がミスをしたという事実を引きずることなく、上手く気持ちの切り替えを行い、更に成功のための行動に繋げられます。

特徴4. お子さまがプラス思考で物事をポジティブに受け止められる

自己肯定感の高い子供は、目の前で起こっていることを素直にプラス思考で受け取ることが出来ます

物事は、子供の受け止め方でポジティブにもネガティブにもなりえることを知っているのです。

その上で、自分がどのように行動したら成功するのかを、成功体験を通じて理解しているため、成功体験に準じて物事をポジティブに受け入れようとします。

特徴5. 今までのお子様の人生で成功体験を味わっている

お子様の自己肯定感は、多くの場合、自分でやったことや今までのその子供の生きた歩みが影響を与えています

そして、多くの場合は成功体験を味わっている子供が多いでしょう。

その過程で、自分の得意分野も知ることが出来ます。

自分の得意分野を知れば、当然成功する可能性が高くなるため、成功体験もそれに応じて増えていくという正のスパイラルが出来上がって行くのです。

反対に自己肯定感が低い子供の特徴は?

子供の自己肯定感には高いと低いがあります。

そして、残念ながら、自己肯定感の低い人という人もいます。

では、自己肯定感の低い子供はどのような特徴を持つのでしょうか。

もし、お子さまに当てはまるようなものがあったら、注目してみてください。

 

特徴1. 「お子さまが自分には無理」とやる前から諦めてしまう

うまく行かないことやミスが続くと、お子さま自身に対する自信は目減りしていきます。

このお子さま自身に対する自信がなくなってしまうと、子供は「自分は成功しない」「自分には無理だ」という積極性がなくなっていきます。

どんなに成功している子供でも、成功するイメージの湧かないものは行動できないもの。行動できない理由には、子供の自己肯定感の低さが影響していることがあります。

特徴2. 周囲からどう思われるかを過度に気にしすぎている

自己肯定感の低い子供は、自分の中に絶対的な物差しがありません。

そのため、子供の評価ややりたいことを、他者との比較でしか測れないという傾向にあります。

お子さまが本当にやりたいこと、お子さまの希望、お子さまの得意分野といった自分のためにあり、かつ自分の幸せに直結するものですら、他人と比較してしまい、人知れず落ち込んでしまうということもよくあるのです。

特徴3. 承認欲求が強く、親から認められたい気持ちが全面に出ている

子供は、肯定されずに生きていくことを受け入れられるほど強くありません。

自己肯定感の低い子供は、子供自身が自分の事を肯定できないため、親から自分の事を肯定してほしいと考えてしまう傾向にあります。

自分がやりたいことや自分のために行動することですら、親からどう見られるか、親がどう評価するのかを考えて行動してしまうのです。

時にそれは、「親から認められたい!」という気持ちとして出てくることになります。

子供の自己肯定感が低いのはなぜ?原因を追求!

自己肯定感の低い子供や高い子供が生まれてしまう理由には、その子供が今までの生きかたで歩んできた経験が非常に大きな影響を与えるといわれています。

つまり、子供の自己肯定感の低いのには理由があるのです。

ぜひ、この理由を理解して、少しずつ自分に科せられている枷を外して、子供の自己肯定感を高めていくような生活を目指していきましょう。

原因1. 今まで生きてきて認められたり、褒められたりする経験が少ない

子供の自己肯定感は、最初は自分の中には生まれていません。

そのため、自分は大切な存在であるのだ、自分はかけがえのないものなのだ、といったことは、親から与えられる認識といえるでしょう。

この認識は、親から認められたり褒められたりすることで生まれますが、この経験が極端に少ないと自己肯定感が高くなることはありません。

原因2. 自分の意見を言うとすぐ親に否定されるなど、教育環境が良くなかったから

自己肯定感には、必ず教育がキーワードになってきます。

特に家庭環境は非常に大きな影響を与えるでしょう。

家庭や教育において、自分が無条件に受け入れられる存在であると感じられたかどうかは、自己肯定感に直結することが知られています。

自分の意見を採用されたことがない、すぐに親に否定されてしまうといった経験を持つ人は、自己肯定感が育っていないことがよくあります。

原因3. 大きな失敗や挫折をしてトラウマになっているから

子供は、どんな子供であれ失敗をしてしまうものといえます。

この失敗があまりにも大きく、その失敗を受け入れられない時、自己肯定感は大きな傷を負います

この傷が大きすぎると、癒すのに時間がかかってしまうのです。

特に学校や友達関係といった中で、その後の人生にも影響を与えるような失敗を経験してしまった場合、自己肯定感が低くなってしまうことがあるのです。

原因4. マイナス思考ですぐ自分を卑下してしまうから

自己肯定感が低い子供は、自分自身に自信が持てないため、自分の悪いところに注目してしまう傾向にあります。

そのため、自分の周りで起こることに対してマイナス思考で受け止めてしまい、自分自身の評価も下げてしまうのです。

マイナス思考に陥ってしまった結果、更に自己肯定感が低くなり、更にマイナス思考に陥ってしまうという負のスパイラルが発生しています。

簡単に取り組める子供の自己肯定感を高める9つの方法

自己肯定感を高めるためには、自信を取り戻すことが何よりも重要といえます。

この自信を取り戻す方法について見ていきましょう。

自信を取り戻させる方法は、一つ一つコツコツと積み上げていくことになります。

焦らず少しずつ、お子さまをとらえなおし、お子様の自己肯定感を高めていきましょう。

高め方1. お子様の短所や弱点を自覚して受け入れてあげる

自己肯定感の土台には、正確なお子様の能力や実力の認識が欠かせません。

この時、お子様の良いところだけでなく、短所や弱点も素直に受け入れてみましょう。

多くの場合、親御さんはお子さまの低い自己肯定感が邪魔をして、お子さまの短所が受け入れられないと思います。

しかし、その短所も含めてお子さまなのです。

ありのままの子供を素直に受け入れることから、お子さまの自己肯定感はスタートしますよ。

高め方2. 自己肯定感が高い子供と意識的に一緒にいる

基本的に子供は他人から影響を受けます。

そして、その影響は、近くにいる人ほど受けやすいものとなります。

自己肯定感を高めたければ、意識して自己肯定感の高い子供の近くにいることをおすすめします。

すると、言葉や行動に少しずつ変化が生まれていくことに気が付くはず。

こうした変化が、自己肯定感を高めることに繋がることはよくありますよ。

高め方3. ネガティブな言動は控え、前向きな言葉を発させることを習慣にする

子供は自分が使っている言葉で、行動や性格が変わることが知られています。

つまり、ネガティブな言葉を使えばネガティブ思考に、ポジティブな言葉を使えばポジティブ思考になりやすいということです。

子供で自己肯定感を高めるために、この要素をうまく取り入れましょう。

できる限りポジティブな言動を心掛けることで、自然とポジティブなメンタルや行動を手に入れることが出来るのです。

高め方4. お子さまを褒めたり、認めてくれたりする人を見つける

お子さまの自己肯定感は、お子さまの意識だけでは十分に育たないことがあります。

どれだけ、自分の事をいいように自分だけが思っていても、それは健全な自己肯定感とは言えないでしょう。

そこで必要なのが他者の評価です。

子供の評価と他者の評価のどちらも良いとなった時に、子供は大きな自信を持ちます。

自信を与えてくれる、子供を褒めてくれる、認めてくれる人とできる限り一緒に過ごすべきでしょう。

高め方5. 小さな目標を設定してクリアすることを繰り返し、成功体験を重ねていく

子供の自己肯定感を高める方法として、非常に効果があるのが、成功体験を積み重ねることです。

しかし、大人になってしまってからでは、簡単に成功といえるようなものは見つからないと考える人も多いでしょう。だから、子供のうちに身につけさせることは大きなプラスに働くでしょう。

日々取り組むことが出来る小さな目標を設定します。

「しっかりと挨拶する」「遅刻しない」といった簡単なことを積み重ねてみましょう。

高め方6. 人の意見は気にせず、自分の気持ちに素直に行動する

子供の自己肯定感に必要なことは、子供の意見や判断、考え方を大事にするということです。

子供の意見や判断、考え方を大事にすることで、子供のとらえ方や子供の人生に自信が持てるようになるからです。

子供の自己肯定感を高めるためにも、ぜひ子供の気持ちや意見を素直に口に出してみてくださいね。

高め方7. 運動を毎日取り入れる

自己肯定感を高める切っ掛けとなるのは、自分に対する自信です。

この自信は、大人にならないと身につくものではないと諦めてしまっている人も多いかもしれません。

そこでおすすめなのが運動。

これらの活動は、数値で目に見える変化が出てくるものであり、この変化が確認出来るという状況がばかになりません。

子供が理想とする変化を手に入れることが出来れば、この変化は大きな自信として返ってくるでしょう。

高め方8. 子供の自己肯定感を上げてくれる本を読む

子供の人生が幸せであることと、子供の自己肯定感が切っても切り離せないことは、もはや常識となりつつあります。

そのため、この子供の自己肯定感を高めるための本もたくさん出てきました。

ぜひ、子供の自己肯定感を高めるための本を読んでみることをおすすめします。

思った以上に具体的な方法なども紹介されているため、子供の人生において大きな糧となるでしょう。

高め方9. ノートや手帳に1日の良かった事を書く習慣をつける

子供の自己肯定感を高める方法として、最もわかりやすいものの一つが、良かったことを残していくというものです。

日々の生活の中で良かったこと、楽しかったこと、これは良いなと思えたことなどをノートや手帳、日記に記入していきます。

1日1つずつの記載となっていても、1年間で300個以上の良いことがたまっていく計算です。

これほどまでに良いことが周りにある人生という認識が出来れば、子供の自己肯定感は少しずつ高まっていくでしょう。

子供の自己肯定感を高めて、充実した人生を送りましょう。

子供の自己肯定感は、行動や性格だけでなく、人生の幸福度にも大きな影響を与える、非常に重要なものです。

しかし、特に幼少期に無駄に厳しいしつけなどを受けて育ってきてしまった人にとって、自分の価値がわからなくなってしまうということは、よくあること。

そうした子供の価値をもう一度捉えなおし、子供の人生を幸福なものにするためにも、子供の自己肯定感を高める方法について、少しずつ学んでいきましょう。

Follow me!

視力低下を防ぐためのトレーニング【電子書籍無料プレゼント】

今なら無料で電子書籍が手に入ります。

あなたの視力やお子さまの視力が今より良くなるなら、あなたはどうですか?

・何もしないで、メガネを作って毎年メガネを購入したいですか?

・それとも、今より悪くならないようにして、さらに今より視力を良くしたいですか?

この電子書籍であなたが得られるメリットは
正しい目の使い方です。

期間限定2大プレゼント「視力回復トレーニングマニュアル」&「最新視力回復トレーニング無料メール講座」