周辺視力を自然に強化する方法

あなたはこのサイトを訪れて、近視遠視の強化から老化した視力と乱視の緩和と治療まで、さまざまな理由で視力ケアについて学び、目のビタミンを摂取します。

それでも、レーシックに頼らずにこれらの厄介なメガネを取り除いたり、老齢のその他の影響を回避したりするなど、いくつかの異常に人気のある理由を見つけることができるでしょう。

ただし、周辺視野で作業ができている人はあまり多くないです。

周辺視野が重要であるのと同様に、多くの人々はしばしばそれの周辺視野ができていません。

 この周辺視野が非常に認識されている分野の1つは、スポーツビジョントレーニングになります。

しかし、周辺視力を高めることで有益を得るためにはアスリートである必要はまったくありません。

実際、定期的なルーチンに参加しているほぼすべての人が、これらの高機能エクササイザーからヒントを得ることができます。

周辺視野とは

おそらく「周辺視野」というこの言葉を聞いたことがあるでしょうが、簡単な定義から始めましょう。

周辺視とは、視界の外側にある視界の一部を指す用語です。

それを考える簡単な方法は、それをあなたが直接焦点を合わせることができるオブジェクトを取り巻く視野として想像することです。

より技術的なレベルでは、周辺視野は中心窩によって拾われないすべてです。 中心窩は、全体と錐体の密集した敏感な束によって特徴付けられる網膜の中心の領域です。

光を感知する細胞のこのクラスター化により、中心窩は詳細な中央視力が可能になります。

精密検査のために対象物を直接じっと見るときはいつでも、中心窩ビジョンを利用しています。

この生理学的セットアップは、視線の中心で非常に鋭い視力があることを意味します。

外側に移動するにつれて、これはますます少なくなります。

近周辺、中周辺、および遠周辺は、中心窩ゾーンの外側にあるすべての領域です。

遠い周辺は、人々が周辺視について話すときに最もよく考えられることでしょう。

周辺視野の重要性

人生は目の前で正確に起こるわけではありません。

いくつかの非常に重要な活動は、視野のまさに端で行うことができます。

周辺視野が貧弱な場合は見逃しますが、周辺視野が良い場合は何かに気づき、中心視野を訓練して詳細を調べる機会を与えます。

ご想像のとおり、これはアスリートにとって特に重要です。

バスケットボール選手は、周辺視野を広く活用して、複数のチームメイトまたは対戦相手を追跡します。

たとえば、1人のプレーヤーをガードしている間、別のプレーヤーがスクリーンに移動したりパスを設定したりしているかどうかを知ることが重要です。

これらの周辺の動きに気付くことができるプレイヤーは、それらに反応し、プレイを助けたり妨害したりするためのはるかに良い位置にいます。

 

同じことはサッカー、そして多くの動く選手がいるあらゆるスポーツにも当てはまります。

誰かがゲームの先頭に立ちたい場合は、全員を追跡する必要があります。

ジャグリングなどの単独のタスクには、周辺視野も必要です。

優れたジャグラーは、ピンやボールを1つだけ追跡することはできません。

個々のオブジェクトがどこにあり、どこに向かっているかを正確に理解する必要があります。

したがって、ほとんどの成功したジャグラーが身に着けているのを見る、固定された、漠然と上向きの視線。

周辺視野を鍛えることは、視力低下の予防に繋がります。

なぜならば、毛様体筋の筋緊張を緩和できるからです。

そして、発達障害のお子さまはこの周辺視野の視野がとても狭いので

空気の読めないひとになりがちなので、周辺視野を鍛えることはとても有効になります。

日常生活の周辺ビジョン

しかし、あなたがアスリートではない場合はどうでしょうか?

周辺視力に取り組むことに何かポイントはありますか?

絶対に。 有益を得るためにスポーツ愛好家である必要はありません。

 

あなたがちょうど通りを横断しているとしましょう。

車は視界の外側の端から接近し、周辺の視界に頼ってその動きに気付くでしょう。

それはあなたの視線を接近する車両に移し、あなたがそれを避けることを可能にします。

そして、若い読者はおそらく既に十分な周辺視野に取り組む必要性をあまり感じないでしょうが、年配の人は特別な注意を払うことを望むかもしれません。

老化した目は、20〜30度の周辺視力を自然に失います。

そして、それは複雑な要因を追加することはありません。

緑内障は周辺視野を盗むことで有名です。

高齢者の間で広まっている状態である、目の中のこの危険な圧力の蓄積は、外部からの視神経を損傷します。

それは、視力の大きな永久的な喪失をすぐにもたらします。

 

加齢性黄斑変性症(AMD)のある人は誰でも、この一般的な変性障害の中心視力を失った後、良好な周辺視力に依存していることに気付くでしょう。

いずれにせよ、この特定のタイプの視力を維持するために働くことは、あなたの目の健康を継続するために重要です。

周辺視野を訓練する方法

たまたまアスリートであり、燃えるお金がかなりある場合、ライトボードを検討しているかもしれません。

これらの大きな電子機器は、ビジョントレーナーの心の中で自慢の場所を持っています。

周辺の視界でライトを点滅させることで動作し、これらの領域の小さな変化をより適切に捉えるようユーザーに教えます。

 

欧米のJournal of Current Glaucoma Practiceの最近の研究では、失明に対する全体的治療がどれほど有用で成功していることが実証されました。

ケーススタディでは、研究者は「脳ペースメーカー」を使用して、脳から目に微小電流パルスを送りました。

これは、目の運動と食事とライフスタイルの変化と組み合わせて、参加者の視界を改善しました。

実際、参加者の70%が改善に気づきました。

 

これらのタイプのトレーニングは、一般的な家庭用エクササイザーにはおそらく実用的ではありませんが、目のエクササイズがいかに役立つかを示唆しています。

よりシンプルではるかに安価なドリルは、ライトボードやコンピュータートレーニングで見られるのと同じ動きやトレーニングを模倣します。

 

自宅で周辺機器の認識を改善するためにできることがいくつかあります。

よく見かける簡単なエクササイズの1つは、ストロードリルです。 これを実行するには、中央ビジョンターゲットを設定します。

あなたがそれに集中できる限り、これは何でも構いません。

次に、視野の端近くにストローを入れたカップを置きます。

次に、ターゲットに焦点を合わせながら、爪楊枝を取り、ストローに直接入れます。

このドリルやその他のドリルでは、オリンピアンレベルでのパフォーマンスが得られない場合がありますが、少なくとも今後数年間は周辺の改善とメンテナンスに向けて取り組むことができます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

周辺視野を鍛えることは生きていく上で最も有効です。

12歳までにトレーニングをたくさんすることを推奨します。

また、高齢者になってからもこの周辺視野トレーニングは有効で

例えば運転なので、この周辺視野能力が落ちているのをきづかず

事故にあうケースは少なくありません。

Follow me!

視力低下を防ぐためのトレーニング【電子書籍無料プレゼント】

今なら無料で電子書籍が手に入ります。

あなたの視力やお子さまの視力が今より良くなるなら、あなたはどうですか?

・何もしないで、メガネを作って毎年メガネを購入したいですか?

・それとも、今より悪くならないようにして、さらに今より視力を良くしたいですか?

この電子書籍であなたが得られるメリットは
正しい目の使い方です。

期間限定2大プレゼント「視力回復トレーニングマニュアル」&「最新視力回復トレーニング無料メール講座」